喉や胸の「詰まり」を取るために♪

喉や胸の「詰まり」を取るために♪

ボイス・レッスン(セッション)案内&報告

 

今日は午前中ゴスペル、午後はボイトレ、夕方はリトミックのフルコースdayでした(笑)

ボイトレのレッスンは今日は勝川のレンタル・ルームで開講しました。

カルチャーセンターや自宅レッスン以外にも、声が出せる部屋があれば出張レッスン可能ですので、お問い合わせ下さいね。曜日や時間も相談の上でレッスン日を決めさせて貰っています。

今日(金曜日)の夕方にリトミックを3クラス開講している「カルチャーセンターかちがわ」では、水曜日にボイトレも担当しています。

ブログには書きましたが、そこの朝イチの生徒さん↓(以前に撮影してもらった写真得意げ)から、レッスンの感想を頂きました。

2014-03-05-10-43-39_deco

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスンに来て、先生と一緒に上半身をほぐして、呼吸を深くしたり、息(声)の通り道が開くように色々なワークを行ってから声を出すと、普段とは全く違う声が出ます。

お腹からスルッと、どこにも引っかからずに楽に声が出るし、楽なのに良く響く声が出て自分でも気持ちがいいです。

発声練習をする前の「体のワーク」がとても重要だなと、いつも感じます。

科学的な理論も教えてくれて面白いけれど、気の流れや体の状態を整えてくれる所がとても気に入っています。

レッスンの後は、しばらく声が出しやすいだけでなく体が楽になります。

体に入っている余計な力や筋肉の強張りが取れて、滞っていた気やリンパの流れがスムーズになる感じがします。

楽器である体を整えるためのトレーニング(ワーク)が、響く声を出す為には何よりも大切だと毎回、実感しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は語学講師をしているのですがボイトレ・レッスン後は声が気持ちよく出て、しかも声が通るので、講義をしていて楽だそうです。

彼女は高音は割と得意なんですが、チェスト・ボイス(日本語で言うと地声)の響きが苦手だったので、主にチェスト・ボイス&ミックス・ボイス(ヘッド・ボイスとチェスト・ボイスが切り替わる音域の声)の強化をしてきました。

最近は深い響きの声も出せるようになって、ボイトレの成果を実感しているそうですニコニコ

 

「声がどうもスムーズに出ない」「喉や胸に引っかかっている感じがする」

そんな方は発声の前のボディワークがとても大切ですひらめき電球

ただし、一人一人、体の状態が違うので「ドコをどのように整える必要があるか?」も違ってきます。

気が向いたら←(笑)、この辺りのことも少しずつ書いていきますねメモ

« »

コメントは受け付けていません。