子供の頃の発声を思い出しました!

子供の頃の発声を思い出しました!

ボイス・レッスン(セッション)案内&報告

年明け早々の今週は

月曜~金曜まで毎日ボイトレでした☆

夕方~夜間のレッスンも開始しました。

また次の記事で報告しますね!

さて

生徒さんから記事タイトルの感想を頂きました。

wpid-2015-01-08-18-14-04_deco.jpg

以下、彼女が送ってくれた感想メールです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回のレッスンでは

 「喉の奥が開いた状態」で声を出す感覚を掴むことが出来ました!

声を出すことが本当に気持ちいい!!と感じました。

子供の頃はこんな風に「良く響く声」を出していたな~と

  忘れていた感覚を思い出しました。

そして「自分はこんなに大きな声が出るんだ!」とびっくりしました。

  この感覚を忘れないように練習していきたいと思います。 

  ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女はセミプロのシンガーさんなんですが

レッスンに通い始めた頃と比べると格段に声に張りが出ました合格

本人も「以前のステージ録音と今の歌声を比べると全く違う!」と言っていますひらめき電球

ただ発声練習では上手く声が出せても

歌になると「舌が緊張した状態での発声」に戻りがちだったので

「喉の奥を開けて発声するためのトレーニング」を幾つもやりました。

その結果

本人も驚く程に「良く響く低音~高音」が出るようになりましたクラッカー

それで

「子供の頃の発声の感覚を思い出した」という感想メールをくれたのです。

 

その通りなんですよね。

 

子供の頃は

殆どの人がお腹から真っ直ぐに声を出していたのに

大人になるにつれて
「あなたの本来の発声」を余計なモノ達が邪魔してしまうのです。

余計なモノとは

必要ない筋肉の強張りだったり
心の強張りだったりします


本来の発声をブロックする

心身に関わる全ての要素です。


それを1つ1つ取り除き
本来の発声を取り戻すサポートをするのが
私の役割です。


声の課題と向き合ってカウンセリング~

正しい呼吸・発声~あなた本来の声~を取り戻しましょう!

 

ボイス・トレーニングの案内はコチラ

 

« »

コメントは受け付けていません。