高音を綺麗に出すために必要な3つのこと その①

高音を綺麗に出すために必要な3つのこと その①

ボイストレーニング豆知識

 

ボイトレの講師をしていると、色々な声の悩みを聞きます。

 

その中でも多いのが「高音が思うように出ない」という悩みです。

 

高い音をどうやったら綺麗に、ひっくり返らずに出せるのか?

 

結論から書くと

 

声帯を薄くする筋肉を上手に使えること

喉(首)に不必要な力を入れないこと

息を吹きすぎないこと

 

これらが出来るようになると綺麗な高音が出るようになります。

 

「高音を出すときは頑張って出さないと出ませ~ん!」

「息を沢山使わないと高い音が出ない気がします・・」

 という方も多いかもしれません。

でも、そういう出し方だと

「喉を振り絞ったような声」「かすれた声」「うわずった声」

 になりませんか?

 

じゃあ、どうしたらいいのか。

 

解決法を一つずつ、書いていきますね♫

 

まず

「とにかく高音がうまく出ない!」という方。

もしかしたら「声帯を薄くする」のが苦手かもしれません。

 

そういう方は

声帯を薄くするトレーニングを繰り返し行うのがおススメです。

 

たとえば、リップロールで高音をだす練習。

リップロールというのは、唇をプルプルさせる発声法です。

リップロールだと普段出ない高音域まで出ます。

 

あとはフクロウの真似で高音を出してみる。

「ほーう、ほーう」とフクロウの鳴き声ですね。

まずは出しやすい音から出してみて、だんだん高くしていくと良いですよ。

森の高~い木の上から、フクロウの鳴き声が勝手に聞こえてくる感じで

決して自分で頑張らず、適当に出した方が楽に高音が出ます。

 

これらのトレーニングで声帯を薄くする練習をしてから

発声してみると、たぶん普段より高音が出しやすくなっていると思います^^

 

「どうしても力んで出そうとしてしまう」

「息をたくさん使わないと出せない」

という方のためのトレーニングはまた改めて♫

 

本来の魅力ある声を取り戻す ボイス・トレーニングの案内はコチラ☆

 

 

 

 

« »

コメントは受け付けていません。