高音を綺麗に出すために必要な3つのこと その➁

高音を綺麗に出すために必要な3つのこと その➁

ボイストレーニング豆知識

 

今日も朝からカルチャーセンターを梯子して

ボイトレのレッスンでした♪

 

おかげさまで稲沢のクラスも満席になりました☆

ありがとうございます^^

 

さて、前回「高音が思うように出ない」という方のための記事を書きました。

 

高い音をどうやったら綺麗に、ひっくり返らずに出せるのか?

前回の記事で、高音を綺麗にだすために必要なのは

 

声帯を薄くする筋肉を上手に使えること

喉(首)に不必要な力を入れないこと

息を吹きすぎないこと

 

という事をお伝えして

①声帯を薄く使うためのトレーニングをお伝えしました^^

 

 

今日は、その2つ目。

喉(首)周りの筋肉に

不必要な力が入らないようにするためのトレーニングをお伝えします☆

 

 

まず

首~肩が映る鏡の前で高音(できれば長い音)を出してみてください。

 

喉のあたりの筋肉が盛り上がったり、筋が浮き出たりしていませんか?

そういう状態が確認できた方、間違いなく喉に力が入っています。

 

喉の力を抜く方法 その①

 上半身の力を抜く感じで、ぺこっと「お辞儀」をしながら高音を出してみる

 

喉の力を抜く方法 その➁

 エレベーターで最後に「がたんっ」と落ちた時みたいな感じで、膝をカクッと落としながら出してみる

 

喉の力を抜く方法 その③

 喉に入っている力の感じを覚えておいて、その力みを、そのままお腹の方に移動させて声を出してみる(これはトレーナーがサポートしないと難しいかな)

 

 

どうでしょう?

 

レッスンでサポートしながら、これらを試してみると喉の力が抜けて

高音が楽に出るようになる方が多いです。

 

自分でやってみても、なかなかコツが掴めない方は

トレーニングで体感してみてくださいね♫

 

本来の魅力ある声を取り戻す ボイス・トレーニングの案内はコチラ☆

 

カルチャーセンターのレッスンは満席が多いですが

その他の会場では随時体験レッスンを受け付けています^^

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントは受け付けていません。